ネーム印の印鑑購入について


印鑑は大きく分けて、実印、銀行印、認印、訂正印と4つに分けられます。これらの印鑑は主に家庭で使用する機会が多いですが、中には認印を会社に置いていて必要な時に使っている人もいます。さらに法人であれば、会社の実印などが必要になります。

実印とは、法律や社会上必要な時に使う印鑑を指します。そのため、とても重要な役割を持っています。銀行印は、金融機関などでの口座開設の際に使われることが多い印鑑のことを言います。認印とは、書類確認の際に使うことが多い印鑑で、訂正印は伝票や帳簿などで記入した時に、文字の誤りを見つけた場合に押す印鑑です。基本的には訂正する箇所も読めるようにすることが多いため、二重線などを引きその上に押印します。挙げた印鑑の中でも、認印や訂正印はネーム印を使うことが多くなっています。

ネーム印とは、朱肉を必要としない丸型の印鑑を指します。インクが本体に内蔵しているため、わざわざ朱肉を付ける必要が無く、家庭での使用においては荷物の受け取りの際に押印するときに重宝します。法律上や社会上の手続きの際に使用する実印や銀行印よりも押す機会が多いため、一つは持っている人はいるかもしれません。ですが、1つだけしか持っていないと、場合によっては持ち運びをしなくてはならなく少々面倒な場合もあります。また、現在使っているネーム印の使用期間が長いため、買い替えを検討している方もいるかもしれません。

今回は、ネーム印を購入する際のショップの選び方やメリットについて解説します。